仮想通貨はじめました

2017年の最もホットなワード「ビットコイン」ですが、興味がある方は多いのではないでしょうか。

ビットコインとは最も有名な仮想通貨で、誤解を恐れずに表現すると、日本円の代替となる可能性がある非常に夢のある通貨です。

一般的な報道ニュース番組で取り上げられたりGACKTが本格的な事業を始めたりするなど、一般消費者も巻き込んだ一大ムーブメントになりつつあります。

そんな仮想通貨の波に乗り遅れないように昨年から私も仮想通貨を始めましたので、まずは仮想通貨の概要と将来性について整理しました。

最後まで読んで頂ければ、「仮想通貨の概要」と「これから始めてもまだ遅くない」ということをわかって頂けると思います。

仮想通貨

仮想通貨とは、実体が見えない電子的な通貨のことです。

例えば日本円を使った買い物では、商品と引き換えに日本円に相当する紙幣や小銭を出しますが、仮想通貨にはこれに相当するものがありません。

最近では、Suicaなどの電子マネーで支払いをすることもできますが、仮想通貨はこれに相当します。

ただし、Suicaでは交換レートが「1Point = 1円」と通常固定されているのに対して、仮想通貨の交換レートは変動します。

例えば、2017年12月1日時点では「1ビットコイン=120万円」だったものの、2018年1月1日時点では「1ビットコイン=160万円」に上昇しました。

買い物をする時は、その時点での交換レートに応じて商品の支払いをする形になります。

誤解を恐れずに言うと、この交換レート上昇に期待して仮想通貨が近頃ホットになっています。

それでは、いくらまで上昇する可能性があるのでしょうか?

時価総額3兆円企業Snapchatの最初の投資家ジェレミー・リー氏らは下記予測をしています。

ビットコインの価値が2030年には50万ドルに達する可能性もある

出典:business insider japan

50万ドル = 5000万円は、現在の価値(160万)の30倍以上です。

このような高い将来性にかけて、資産の一部を仮想通貨で運用する人が多いのもうなずけます。

ビットコイン

ビットコインとは、2009年に誕生した世界初の仮想通貨です。

仮想通貨の中で最も知名度が高く、他の仮想通貨を購入する際の基本単位(基軸通貨)となることも多いため、テレビニュースにも登場します。

例えば、ビットコインを購入するときは「1ビットコイン=160万円」のように日本円を介してコインを購入しますが、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)を購入するときは「1アルトコイン = 0.01ビットコイン」のようにビットコインを介してコインを購入することもあります。

そのため、ビットコインは仮想通貨市場の物差しとして利用されることが多いです。

アルトコイン

アルトコインとは、簡単に言うとビットコインの欠点を補うために生まれた仮想通貨です。

世界初の仮想通貨ビットコインで何もかもうまくいけば極論アルトコインは必要ありませんが、ビットコインにも得意不得意がありますので、これを補う形でアルトコインが誕生しました。

これまではビットコイン1強時代が続いていましたが、昨年末からはアルトコインにも勢いが出てきました。

代表的なアルトコインとしては、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、リスクがあります。

それぞれの特徴については本記事で紹介しきれませんので、後日別の記事で紹介します。

取引所

いざ仮想通貨を買いたいとなったら、どこで売り買いすればよいのでしょうか?

ドルなどの通貨であれば銀行や空港等で売り買いできますが、仮想通貨も同様に銀行や空港等で売り買いできるのでしょうか?

答えは、Noです。(2018年1月時点)

仮想通貨は、取引所と呼ばれる場所で売り買いすることができます。

日本の代表的な取引所としては、bitFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)、Zaif(ザイフ)があります。

知名度はbitFlyerが最も高いですが、最近は出川哲朗がCM出演しているCoincheckに勢いが出てきました。

それぞれの特徴、口座の開き方については、後日別の記事で紹介します。

まとめ

今回は仮想通貨の基本的な部分を中心に紹介しましたが、いかがでしたか。

2030年には1ビットコイン5000万円になる可能性があるなど、仮想通貨には高い将来性があります。

ビットコイン以外にも、その欠点を補う形で生まれた各種アルトコインもありますので、興味を持った方は自分に合った仮想通貨を見つけてみてはいかがでしょうか。

当ブログでも、各種仮想通貨の特徴や管理人のおすすめを紹介しますので、その情報も参考にしていただけたらと思います。

また、仮想通貨を購入したい方は、取引所の口座開設が必要です。

口座開設には時間がかかりますので、買いたいと考えたときに準備が間に合わない事態にならないよう、すぐに口座を開設しておくことをおすすめします。

こちらに関しても、後日当ブログで紹介します。

さらに、管理人が保有する仮想通貨を中心に最新情報や動きの解説をしていきますので、こちらの情報も参考にしていただければと思います。