2018年6月にラグビー日本代表が対戦する相手を予想してみる

あなたは先日のフランス代表戦を見て、「次のテストマッチの相手は誰?」と検索していないだろうか。先日の試合が非常にいい試合だっただけに、2018年6月のテストマッチの相手が早く知りたい。けど、正式に発表されていない。

そこで今回は、他国のテストマッチ情報から日本代表の対戦相手を予想してみる。これを見ればあなたは9割方対戦相手がわかる。

フィジーが最有力

ラグビー日本代表強化の考え方について、ジェイミー・ジョセフ日本代表HCは「テストマッチで強い相手と対戦することで鍛えていく」とコメントしていた。この考えに沿って、日本より世界ランキングが高い国について、2018年6月のテストマッチの相手を整理した表が以下だ。

これを見ると、フィジー・日本を除く国はすべて対戦相手が組まれていることがわかるだろう。したがって、最有力候補はフィジーだ。

9日 16日 23日
ニュージーランド
イングランド
アイルランド
オーストラリア
南アフリカ
スコットランド 米、加
ウェールズ
アルゼンチン(亜)
フランス(仏)
フィジー
日本

ティア1のイタリアは次点

先ほどの表を見て何か気づいたことはないだろうか?鋭い人は気づいているかもしれないが、強豪国すなわちティア1のイタリアが入っていない。

14位のため圏外となっているが、ティア1であるためテストマッチでは常にティア1と対戦している。ティア1の中では劣勢だが、ランキングの順位は過去の対戦成績から計算される累積ポイントの順番で決まるため、ティア1と戦って負けることが多いイタリアはティア2と比べてランキングが上がりづらい特徴がある。

そのため、他のティア2よりも実力はあり日本にとっては魅力的な対戦相手だ。また、現時点ではイタリアの対戦相手は決まっていない。よって、次点はイタリアだ。

ニュージーランドツアー帰りのフランスが大穴

いろいろ見てきたがやっぱり、「Top8と対戦する姿を見たい」という人はいないだろうか?

これまで6月のテストマッチでは日本は自国で試合をしているが、1つだけチャンスがある。それは、欧州から南半球への遠征帰りに日本に立ち寄ってもらうことだ。

特にニュージーランド・オーストラリアから帰る場合は、中継地点として日本を利用できるので可能性がある。加えて、ラグビーワールドカップが開催される日本の競技場で試合ができるとなれば、現実味を帯びる。アイルランドは昨年すでに来日しているので可能性は低いが、フランスは可能性が高い。

ワールドカップ日本開催決定以降に来日していない上、先日の試合で日本に勝ちきれずリベンジの意味合いになるためだ。よって、大穴はフランスだ。

まとめ

2018年6月のテストマッチの相手は正式発表されていないが、他国のスケジュールから考えると以下の可能性が高いと考える。

2018年6月に日本代表が対戦する相手

  1. 対戦相手の決まっていないフィジー
  2. 14位だがティア1のイタリア
  3. ニュージーランドツアー帰りのフランス